バスケットボールの発展

アジアリーグはアジアでのバスケットボールの発展をコーチやレフェリーの育成を通して貢献していきます。全てのアジアリーグが主催するイベントやイニシアチブはバスケットボールの発展につながると考えています。

アジアリーグのサマースーパー8はアジアのバスケットボールの才能があるものの成長を促すことに集中しており、コーチングクリニックやFIBAとのパートナーシップによる審判の育成にも力を入れています。

サマースーパー8コーチ講習会2018はFIBAの元ナショナルチームとチャンピオンシップを優勝したコーチ陣により行われます:CBA新疆フライングタイガースのヘッドコーチ、ブライアン・ゴージャン、そして元Bリーグ栃木ブレックスのヘッドコーチ、トム・ウィスマン。クリニックは11度PBAオールスターそしてサンミゲルアラブフィリピーンズヘッドコーチ、ジミー・アラパグ。 二日間に渡る本イベントは2018年7月19日から20日までマカオ東アジア大会ドームにて開催されました。参加した58人のコーチは全員アジアリーグから修了証を授与されました。

お問い合わせはこちら

FIBAエリートレフリークリニックはサマースーパー8と同時に開催されました。FIBAの講師はFIBAのエリートレベルのレフリーと共に、個人レベルの審判のテクニック、3人制審判、判定の質の向上、実際の試合の中でのトレーニングを行いました。試合の中での流、実際の試合の経験、試合後の分析セッションがトーナメントを通じて行われました。講習会に参加したレフリーは2019年のFIBAワールドカップと2020年の東京オリンピックにて審判の機会を持つことができます。