テリフィック12

テリフィック12はマカオスポーツ局とのコラボレーションによって実現されたアジアリーグのプレミアプレシーズントーナメントです。 テリフィック12にはアジアのトップチームが参加します:CBA(中国)よりシャンドンゴールデンスターズ、ジンジュアンフライイングタイガー、ゼジアングアングシャ、Bリーグ(日本)より、千葉ジェッツ、沖縄琉球キングス、名古屋ダイアモンドドルフィン、KBL(韓国)よりサムスンサンダース、モービスフォーブス、そしてフィリピンから2チーム参加します。(近日発表予定)(改行)参加チームはマカオのテリフィック12チャンピオンシップにてフェイスオフし、各チームは最強のメンバーと各チーム二人の起用が認められている外国人選手とチャンピオンシップに望みます。

テリフィック12は9/18-23までマカオのステューディオスポーツセンターで開催されます。

トーナメントプログラムには9/21のコンサートが含まれています。

サマースーパー8

2018年度トーナメントにはアジアのトップチームが8チーム参加しました。CBA(中国)からは新疆フライングタイガース、広州ロングライオンズ、KBL(韓国)からはETLANDエレファンツ三星サンダース、PBA(フィリピン)からはブラックウォーターエリートそしてNLEXロードウォリアーズ、B.LEAGUEからはライジングゼフィー福岡、ABL(チャイニーズタイペイ) からはフォルモサドリーマーズ。

今回のチャンピオンは広州ロングライオンズでした。